道路にせまっていた主屋を曳家し外観は全て再生。



土蔵を曳家し 主屋と連なる構えを創り出した外観。



家族用の内玄関を備え、家族と来客を出迎える広々した玄関ホール。



格式のある仏間と座敷をそのままに 現代の暮らしに合わせ四つ間を再構成。



太い柱と梁を隠さずに現わし 古民家を強調するLDK。



力強い小屋組み部分を大胆に現わした階段ホール。


 

 

住まいの情報

竣工年月 2021年10月
施工面積 375.34㎡
地  域 福井市

お客様の声

Q.

住まい造りのきっかけをお聞かせください。
A.
水廻りの老朽化を含め自分たちが安心して生活が出来るようにしたかった。祖母、父と暮らした家を朽ちる前に、家族が安心して住める家に再生したかった。

Q.

弊社にご依頼いただいた理由をお聞かせください。
A.
自分の家と同様な旧屋が「民家の再生」という名で見事に新築のように外壁及び屋内が一新されている事に驚きと共に羨ましさを強く感じた。
新聞広告で構造及び完成内見会を知り、4件程見学させてもらい、ダイワレジデンス㈱に依頼すれば間違いなく我が家屋も立派にしてくれると思った。本来の木造住宅の良いところを残して再生してくれる技術を持っていると確信した。

Q.

再生を選ばれた理由、またプランを決める際にこだわったところをお聞かせください。
A.
祖父、父親そして自分自身が育ってきた家を残したかった。この家の構造を残しつつ、今の生活様式に合う間取りにしてほしかった為です。自分が定年を迎えた後、安心して過ごす為に耐震性、家族のプライベート空間、断熱性を改善し快適な家を作りたかった。

Q.

引き渡し後の生活はどのように変化されましたか?
A.
旧家屋と比較にならない程、家の中が暖かい。エアコンの設定温度を高くしなくても適度に室温が保たれて非常に生活しやすい。室内が静かになった。断熱マットと二重ガラスの恩恵と思う。自分を含め家族が満足してくれた為、親子関係が更に円滑になったと感じる。

Q.

これから住まい造りをお考えの方へアドバイスやメッセージをお願いいたします。
A.
自分が納得するまで構造又は完成内見会を見ていただき、「我が家もきっとこういう家になるんだな」と想像を膨らまして、ダイワレジデンス㈱に託してみてください。
  • おかげさまで58年
©Daiwa-Residence.